種類別で畳について裏返しする必要性を考える

畳の裏返しとは、そのまま裏面を使うことと思われている方もいますが、今使われている表を一度はがして、裏面を使って張り替える作業のことです。ただし、種類によってはできないこともあります。例えば縁なしのものは表面のい草を曲げて裏側に巻き込む作業をしているため裏返した表を使うことができません。そのため、傷みが気になってきた縁なしのものは表替えをするか、新調することになります。表面のい草は和紙や化学繊維が使われている場合、日焼けによる変色は気になりにくいという特徴がありますが、張り替えが必要ないかと言えばそうではありません。生活していくうちに擦れることにより傷が気になってくることがあります。このような場合、張り替えることで綺麗に使うことができます。

いつかはやるべき畳の裏返しの方法を紹介

傷み具合にもよりますが、2,3年経過すると、日に焼けたり、擦れて傷みが気になってくることが多いものです。この様な時に表を裏返すことで綺麗な色によみがえり使うことができるようになるのがこの作業です。裏に返して使いますが、縁は新しいものに替えます。裏に返した表を使っているため、同じ畳で作業できるのは1回までです。次回は表ごと張り替える作業をすることになります。綺麗な常体使うためにはいつかはやるべきものですが、その時期には注意が必要です。目安として5年以上経過すると表の裏面を使おうとしても色が褪せていたり、部分的な変色が起きていることがあります。また、多少の擦りきれなら問題ない場合もありますが、表が切れていたり穴が空いていたりすると裏面も使えない場合があります。

畳の裏返しをしてもらえる業者を探す方法を紹介

安いからといって安易に業者を決めてしまうと仕上がりが悪かったり、後から高額なものを売り付けられるなどトラブルの原因になりかねません。では、どのように業者を探せばよいのでしょうか。価格の安さだけを強調していると、技術力に不安な場合があります。また、ホームセンターなども技術的には十分と言い切れない場合があります。きちんとした仕上がりを期待するのであれば、お店や工場を持っている張替え業者を探すと良いでしょう。そのような所では張り替えになれているので安心です。お店や工場を実際に見て決めることをおすすめします。中には持ち込みで張り替えが安くなるようなサービスがある場合がありますが、事前に寸法を測ることがないため隙間ができたりしてしまうなどの問題もあるので避けた方が良いです。